有機酵素と酵素の違いについて

こんにちは。

兵庫県・東加古川のorganic cafe & market
「ETHOS(エトス)」です。

今回は、有機酵素と酵素の違いについてお話します。

「有機酵素が気になるけど酵素と何が違うの?」
「有機酵素ってどうやって取り入れたらいいの?」

という疑問にお答えしています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

有機酵素と酵素の違いは?


健康や美容に欠かせない酵素ですが、現代人は酵素が不足しがちなんです。主な原因は、食べ過ぎや加齢、ストレス、寝不足、喫煙、不規則な生活と言われています。

そもそも、私たちの体内にある酵素は「消化酵素」と「代謝酵素」の2種類が存在するのですが、消化酵素は、私たちが呼吸をしたり体の器官が働くために必要な酵素で、免疫力や自然治癒力にも大きく関与し、一方、代謝酵素は栄養の吸収やエネルギー代謝、細胞の生まれ変わり、解毒、排泄に関与しています。

残念ながら酵素は体内での生成に限りがあり、不足してしまうと体に様々な影響を及ぼします。


・体の不調
・病気にかかりがち
・集中力の低下
・冷え性
・月経不調
・肌トラブル
・痩せづらい
・慢性的な疲労
・便秘

足りない酵素を補うため体外からも積極的に酵素を取り入れる必要があるのです。
そこで皆さんに知っていただきたいのが「有機酵素」です。

有機酵素とは何?


有機酵素は、有機栽培された農作物が持つ酵素です。オーガニック野菜のオーガニックは有機栽培と同じ意味です。

「有機栽培された野菜である」と名乗るためには有機JAS認証をうける必要あり、

● 堆肥等で土作りを行うこと
● 化学合成肥料及び農薬の不使用を基本として栽培すること
● 遺伝子組換え技術は使用禁止


<参考:有機食品の検査認証制度|農林水産省>

といった、厳しい条件をクリアしなければなりません。有機JAS認証マークを許された農作物は、日本全体でも1%以下と、 実はまだまだ少ないのです。

有機酵素は何に含まれるの?


有機酵素は、有機栽培された農作物に含まれています。レタスやキャベツ、人参、きゅうり、小松菜、セロリ、トマト、パセリ、アボカドなどに多く含まれています。
また、バナナやイチゴ、パイナップル、マンゴー、パパイヤなどの果物にも多く含まれていて、特にバナナは有機栽培されたものも多く流通しているため、スーパーなどでも手に入りやすいです。

ちなみに、バナナにはアミラーゼという酵素が含まれており、食べた物の消化を助け、胃腸の健康をサポートする働きがあります。また、アボカドに含まれるリパーゼという酵素は、脂肪を分解して燃焼される働きがあります。リパーゼは、イチゴやとうもろこし、ほうれん草、柑橘類、人参、大根にも多く含まれていますよ。

加工されたものであれば、納豆やキムチ、ヨーグルトといった発酵食品が酵素を多く含むこともよく知られています。 有機栽培された原材料を使って加工された食品にも有機JAS認証マークがついていますので、ぜひチェックしてみてください。加工食品であれば、生野菜が苦手と言う人でも 手軽に酵素を取り入れることができますね。

有機酵素と一般的な酵素に違いはあるの?


有機栽培された野菜や果物の特徴として、 一般的な栽培方法で育てられた野菜や果物に比べて多くの酵素を含むと言われています。酵素は1つの種類につき1つの働きしか持ちません。ですので、 できるだけ多くの種類の酵素を取り入れたいですよね。

続いて、有機栽培では遺伝子の組み換えをせず農作物を栽培することが基本です。遺伝子組み換えに関しては専門家の間でも賛否両論があり、酵素への影響を明言することは難しい問題です。 現時点で、厚生労働省では人に害をもたらすような作物は市場に出回っていないと発表していますが、今後も安全性については検証していく必要があると主張している専門家もいます。

また、有機栽培では農薬や化学肥料などの化学物質に頼らず農作物を栽培する 一方、農薬を使って栽培された野菜や果物では残留農薬が気になるところです。日本国内において、農薬の使用に関するルールは農林水産省が管轄する「農薬取締役法」、栽培された野菜や果物がお店に並ぶ時のルールは厚生労働省が管轄する「食品衛生法」で厳しく決められています。しかし、出荷時に行われる各自治体及び検疫所での検査内容には少し不安な点があります。

それは、把握できない農薬です。一般的に使われている安全性の高い農薬は成分を把握できますが、認知のない農薬は成分がわからないため把握できないのです。そのため、体に影響を及ぼさない一定基準以下であれば農薬の種類問わず出荷できるルールがあります。国内における残留農薬が体に害のないことは農林水産省からも提示されているとはいえ、やはり不安を感じる人もいるのではないでしょうか。

<参考:残留農薬は危ないの?|農林水産省>

有機酵素と酵素の違いには、酵素の量だけでなく、このような安全性の違いもあると言えますね。


有機酵素を取り入れる方法は?


有機酵素を日常生活で取り入れる方法として、

・有機栽培された野菜や果物を飲食する
・有機酵素のサプリメントを飲む

という方法があります。

有機栽培された食物を取り入れる

有機栽培された野菜や果物は、有機酵素が含まれているだけでなくシンプルに美味しいです。豊富な栄養をもつ土壌で育てられた野菜は、より甘く、よりジューシーで、素材そのものの味がとてもよくわかります。自然の力で育つため、旬の時期に旬のお野菜や果物をいただく喜びも味わえますよ。

また、有機栽培された野菜や果物を取り扱っているファーマーズマーケットなどでは、生産者の情報を公開するケースが多くなりました。口にするものですので、どこで・誰が・どのように育てた野菜なのかがわかると、安心できますよね。

さて、酵素を意識して食事を取る際に注意していただきたいことですが、酵素は野菜や果物の細胞液が破壊されることで働くため、よく噛んで食べるようにしてください。スムージーやジュースにしたり、すりおろしたりするのも良いでしょう。

気をつけていただきたいのが調理方法です。酵素は熱に弱く、50度〜70度をさかいに働かなくなってしまいます。調理する際は低温で調理しましょう。さらに、酵素は時間の経過とともに減少してしまうため、できるだけ新鮮なうちに食べるようにしてください。

また、コールドプレスジュースやスロージュースと呼ばれるジュースは、低速回転するジューサーで野菜や果物に熱を加えず強い圧力だけで食材を絞っています。高速で野菜や果物をすり潰す従来のジューサーは熱を持ちやすいのに対し、低速回転だと熱を発生させずに細胞壁を破壊して酵素を残すということができます。空気に触れにくいため、酸化も最小限に抑えられます。


有機酵素を含むサプリメントを取り入れる


有機酵素は野菜や果物で取り入れたいところではありますが、有機野菜は長期保存がきかないため、買い出しの手間がかかるというデメリットがあります。また、家の近くで有機野菜が手に入らないという方もいると思います。
また、そもそも野菜が苦手・毎日たくさん食べられないという方もおられるでしょう。

そこで便利なのがサプリメントです。食事をゆっくり楽しめる日は野菜で、忙しく食事に時間がさけない日はサプリメントで、と使い分けがきくのでとても便利です。


【ETHOS(エトス)オンラインストア】


ETHOS(エトス)は兵庫県・東加古川にあるオーガニックマルシェです。
有機野菜を近郊の契約農家さんから取り寄せ、店頭で販売しています。また、有機野菜をセットにしてオンラインでも販売しておりますので、有機栽培されたお野菜を試してみたい方はぜひご利用ください。



有機酵素を含む良質なサプリメントの見分け方


良質な有機酵素サプリメントの見分け方として、

・有機JAS認証された原材料を使っているか
・添加物は含まれていないか?
・良心的で長く継続できる価格か?
・飲みやすいか?

というポイントに着目してみてください。

有機JAS認証された原材料を使っているか


有機栽培(オーガニック)を名乗っていいのは有機JAS認証を受けているものだけです。
また、どの野菜や果物から抽出した有機酵素が含まれているかも記載があれば信頼性も高いといえます。

添加物は含まれていないか?

サプリメントを作る際、材料を固めるために賦形剤や凝固剤が使われることがありますが、それらは食品添加物です。食品添加物は安全な量であれば体に害はないものの、過剰な量を摂取すると何かしらの影響が出てしまいます。できれば無添加のものを選びたいですよね。

良心的で長く継続できる価格か?

原材料や製法が良くても、続けにくい価格だと良心的ではありません。魅力的な商品でも何万円もするサプリメントは継続することが難しいため、お財布に負担のないサプリメントがのぞましいです。

飲みやすいか?

大きすぎる錠剤は、錠剤が苦手な方にとって大きなストレスになります。そういった方は、小粒で飲みやすく、体に負担の少ないサプリメントを選ぶようにしましょう。

有機JAS認定ファーム育ちのオーガニックサプリメント



私たちエトスが自社開発した有機酵素のサプリメントは、 有機JAS認定ファームで育った国産有機素材のみを使用した日本で唯一の酵素サプリメントです。完全無添加にこだわり、 32種類もの有機農産物から抽出した有機植物発酵エキスを使用しています。ファッション誌「リンネル」でも紹介されたので、「どこかで見たことある!」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ドクターローズの酵素サプリの特徴


ドクターローズの酵素サプリには、

●日本初の有機JAS認証された酵素サプリメント
●添加物は一切不使用
●酵素を殺さない非加熱
●32種類の有機栽培された野菜と果物から抽出した有機酵素エキス
●1日113円で続けやすい
※1日2錠を60日続けた場合の計算
●小粒で飲みやすい

といった特徴があります。

32種類の野菜は、アメリカの国立がん研究所が提唱する「がんを予防する可能性のある食品」をリスト化したデザイナーズフードプログラムリストから厳選しています。有機野菜・果物から抽出した有機酵素エキスは比叡山の麓にある工場(自然豊かな場所です!)でじっくり発酵を行い、週に2〜3回は手作業で丁寧にかき混ぜ、2年以上の年月をかけて丁寧にお作りしています。

ドクターローズの酵素サプリはどんな人におすすめ?

「無理なダイエットで肌がボロボロ」
「病気ではないけどなんとなく調子が悪い」
「食物繊維を取りたいけど野菜嫌いで青汁も苦手」
「生活が不規則で疲れが溜まっている」

このようなお悩みは、酵素が不足しているせいかもしれません。
ドクターローズの酵素サプリは有機酵素を手軽に取り入れられるので是非試していただきたいです。

有機酵素サプリメント「ドクターローズ・オーガニックエンザイムサプリメント」は、オンラインショップとエトスの店頭にて販売しております。ぜひのぞいてみてくださいね。


ネットで購入する>



【まとめ】有機酵素と酵素の違いについて


有機酵素と酵素の違いについて、最後にまとめます。

有機酵素は…

●酵素の量が豊富!
●遺伝子組み換えの危険リスクが低い
●残留農薬の危険リスクが低い

どうせ酵素をはじめるなら、質がよく安心できる方が良いですよね。
野菜や果物などの食事で取り入れることが難しい日は、サプリメントを活用するなどして酵素不足・野菜不足を解消していきましょう。

せっかく取り入れた酵素を無駄にしないためにも、規則正しい生活を心がててください。酵素の働きが活発化する入浴や運動、湯たんぽといった
温活もオススメです。