身体の中から潤いを♡

身体の中から潤いを♡

こんにちは😀

 

早いもので6月☔今年は梅雨入りが早かったので5月後半から雨の日も多く、ジメジメした日が続きましたね・・・

また、これから迎える夏本番✨私は寒さに弱いので・・夏の方が活動的になる夏女なのですが、日本の夏は湿気が多く、蒸し暑いのが特徴ですよね。

この様に湿気の多い日が続く事もあり、夏は冬に比べると「乾燥」を意識されている方は少ないと思います。が、しかし!!夏はエアコンによる空気の乾燥や大量の発汗により体の水分が失われてしまったり、夏バテによる栄養不足などが要因となって、私たちの身体は乾燥している事が多いのです😲

 

「乾燥」と聞くと肌トラブルを思い浮かべる方も多いと思います。特に女性は、乾燥による肌トラブルを防ぐために保湿にこだわったスキンケアをされている方も多いと思いますし、私もそのうちの一人です。

この様に美容の大敵「乾燥」ですが、実は健康にも大きな影響を与えるのです💥💥

 

今回は健康にも大きく影響を与える「体内乾燥」がテーマです。

 

東洋医学では乾燥のことを「邪燥(じゃそう)」ともいうほど、悪いことと考えられています。手や顔などが乾燥すると、カサカサしたりピリピリしたりする経験は皆さんもあると思いますが、それと同じことが体内でも起こっているのです。

 

この乾燥によるダメージを大きく受けるのが「肺」。

 

実は、この肺の乾燥により、皮膚がボロボロになったり便秘になったりするだけでなく、免疫力が下がり、ウイルスや細菌が簡単に身体の中に侵入してきます☠

 

「肺」というと、空気を取り入れて排出する「呼吸」をするための臓器というイメージがありますが、中医学で肺は「水分を体内に届ける臓器」とも言われています。

つまり、肺では水分の調整もしているので、肺への水分が不足すると体内乾燥を引き起こし、全身にトラブルを引き起こしてしまいます。

例えば私たちは運動をすると普段より多く呼吸をします。すると、体の巡りが良くなるのを感じて、じわっと汗をかきませんか?

このような働きが「肺」の役割のイメージと思ってください😌

 

「肺」は「大腸」と関係が深いと考えらえています。

肺から取り込んだ「気」によって、便通を整えるといわれています。

逆に大腸が弱っていると、肺の働きも低下している場合があると考えらえます。大腸は大事なデトックスと免疫に関係する場所です。

つまり、肺をいたわることで大腸の働きを上げることは免疫力アップにもつながります。

乾燥の季節になると急に便秘がちになる、という方は「肺」の乾燥が関係しているかもしれません。

 

また「肺」は「皮膚」とも関係が深いとされています。

肺はとにかく潤いを好む臓器であり、その働きが乾燥によって低下すると皮膚の乾燥も目立つようになってきます。

カサカサ、ヒリヒリする肌は肺を潤すことで改善することもできるのです。

肌は内臓の鏡とも言われています。もちろん肌の外側からのケアも必要ですが、肌の質は身体の内部から作り出されているからです。

 

この様に肺が乾燥する事で様々な不調が起こり、書かせていただいた症状以外にも血液ドロドロ・むくみ・記憶力低下・お腹周りに脂肪がつきやすくなるなどの症状が出る事も・・・

 

この様な状態を避けるためにも、肺の潤いを保っていきたいですよね🤔

 

もちろん水分補給をして体内から潤わせる事が必要となり、細胞内に水分がきちんと行き届いている状態にします。

ただ、水分補給は実はとても難しく、一気に飲んでも水毒や無駄な個所だけに水分がたまり、浮腫みなどの症状をひきおこします。つまり、喉は潤っても身体の必要な個所に水分は蓄えられません。体液や粘膜を潤さないと本当の体内の乾燥対策にはなりません💦

一番簡単に体内を潤わせるには、食べ物から摂取する事です。

(※ただし喉を潤す事で、喉の粘膜が潤い異物排除機能を向上や、これからの季節、熱中症対策としても適度な水分補給は大事です。)

 

では、肺を潤すために適している食材とは何かが気になってきますよね🙄

東洋医学では肺を潤すには「白い食材」が良いとされています。具体的には、りんご・梨・大根・ナツメ・蜂蜜など。これらは西洋医学でも肺を強化する食材として注目されています。

また、中医学理論に基づいた「薬膳」においても乾燥するシーズン()に向けての秋の養生食として、杏仁、長芋、里芋、白きくらげ、れんこん、ゆり根、きのこ、くわい、松の実、ピーナツ、大根、豆乳、はちみつ、米、白ごま、鴨肉、豚肉、イカ、ホタテなどが良く使われるのですが、これらも全て「白い食材」ですね。

この様に、各医学方面からも良いとされている「白い食材」を意識して取り入れてみるのも良いと思います♪

ここで注意して欲しいのが、過去のブログやETHOSのインスタグラムを見られている方はお気づきだと思いますが、白と言っても精製された白い食品(パンや白砂糖など)は選ばない様にしましょう。

 

食生活の他に、肺を潤すために大事なのが「呼吸」です。

まず口ではなく鼻で呼吸をする事。鼻で取り入れた空気は湿度が約80%にまで体内で温められるため、肺を潤わせてくれます。それと逆に口から取り入れた空気は、体内を乾燥させてしまいます。口を開けたまま寝ていると、朝、喉が痛かったり、異常に喉が渇く経験をした事はありますよね。あれは、口呼吸による乾燥からきています。意識をして、鼻から呼吸するようにして下さい。

他にも水分を多く含んだ湿度の高い空気を吸う事。空気は気管に直接入るため、肺を潤わせてくれます。

加湿器を使用したり、お勧めは芳香浴です。お風呂に入り精油を入れた蒸気を吸ったり、洗面器にお湯を張り精油を入れ蒸気を吸ったりする事でリフレッシュにもなりますよ♪

 

そして日々の生活の中で是非取り入れて欲しいのが「深呼吸」

緊張しているときに深呼吸するだけで、心が休まりますよね😊

「一呼吸おく」というように、呼吸が私たちの身体に与える影響は大きいのです。逆に肺がが乾燥してくると、気が落ち込んで気持ちがくよくよしてきたりします。

時間に追われる事も多いと思いますが、そんな時こそ少し手を止めて深呼吸を行い、身体のケアはもちろん、心のケアもしてみませんか?

 

 

 

自分で選択が出来る知識と情報を!

ETHOS店長のブログ♪

 

次回のテーマは「生物濃縮」