ドクターローズの酵素サプリと一般的な酵素サプリの違いについて


こんにちは。

兵庫県・東加古川のorganic cafe & market

「ETHOS(エトス)」です。


今回は、ドクターローズの酵素サプリと一般的な酵素サプリの違いについてお話します。


「酵素サプリを始めたいと思っているけど、種類がたくさんあってどれを選べば良いか迷っている…」という方はぜひ参考にしてみてくださいね。



そもそも酵素サプリにはどのような効果が期待できるの?


私たちの体の中では、生きていくために様々な化学反応が起こっています。その化学反応を起こすきっかけとなるのがタンパク質である酵素です。私たちが呼吸をしたり、食べ物を消化して体の一部として取り入れ、新しい細胞を生み出すための代謝を行ったりするのも、すべて酵素のおかげと言えます。


しかし、残念なことに体内で生産される酵素の数には限りがあり、年齢を重ねるごとに生産される量も徐々に低下していってしまうのです。酵素量の低下は若い世代でも十分起き得ることで、酵素が生成されるために必要な睡眠時間が十分確保できていなかったり、酵素が働きやすい環境が整っていないなどの原因が考えられます。また、酵素は外部から取り入れることもできるのですが、酵素を多く含む野菜や果物、発酵食品が苦手な人だったり、毎日レトルト食品などで済ませている人も、酵素が足りていない可能性が多いにあるのです。


体内の酵素量が減ると、体のあらゆる部分に影響が出ます。不規則な生活をしている・偏った食生活をしている・十分な休息を取ることができていないといった方は酵素が不足しているかもしれません。そのような酵素の不足を補うのが酵素サプリの役目です。



一般的な酵素サプリの特徴


一般的な酵素サプリとドクターローズの酵素サプリとの違いについて、まずはじめに一般的な酵素サプリの特徴についてご説明します。


サプリと聞くとタブレットタイプを思い浮かべる人が多いと思いますが、酵素サプリには、タブレットタイプやドリンクタイプ、ペーストタイプなど幅広い種類が販売されています。最近では、美味しく飲みやすい酵素ドリンクも多く販売されるようになりました。


飲みやすくするため糖類添加を行っている


酵素ドリンクやペーストなどは飲みやすくするための工夫がされている一方、甘くするための糖類添加がデメリットとしてあげられます。また、コスト削減のために合成的な原料を使用していることが多いです。酵素ペーストに関しても同じで、残念ながら合成的な糖類の添加を行なっている商品が多く見られます。


糖類添加とは、糖類を添加した分多く摂取することに繋がります。酵素サプリは毎日飲むことが大切ですので、食事などで糖類の過剰摂取を避けていたとしても、サプリメントで知らず知らずのうちに摂取してしまうことはよくある話です。糖類添加の過剰摂取は、血糖値の急上昇や急降下、精神的なストレスの増加、味覚への影響、心臓への負荷といった結果を招いてしまいます。


このような隠れた糖類の摂取は、サプリメントだけでなく普段から口にしている食品でも起こりうることですので、糖類の隠れ摂取を防ぐために成分表示を見る癖をつけておくと良いかと思います。


タブレットにするために添加物を使用

一般的な酵素サプリのもう一つの特徴は、タブレットにするために添加物を使用しているケースが多いということです。タブレットを作るためには、一般的に食品添加物が使用されているのです。


食品添加物は、適量であれば体に取り入れたからといって大きな害はありません。害どころか、適正に使用されておれば、食品添加物には食の安全性を保ったり、風味を高めたり、栄養を向上させるといったメリットもあるのです。問題は、過剰に摂取してしまうこと。ちなみに、日本国内で販売されている食品は、人に無害と確認されたもののみが販売されています。安全な範囲内での摂取量かどうかの判断は厚生労働省で実施され、マウスやイヌなどで動物実験の結果から無毒性量の数値が出されています。


こう説明すると「日本国内で手に入れた食品であれば、食品添加物について考える必要ないのでは?」という意見も当然出てくるでしょう。しかし、日々の食生活の中で食品添加物の無毒性量をいちいち把握しながら食事をしている人はごく少数です。多くの人が、自分が意識のないうちに食品添加物を摂取してしまっているのです。それも、一種類だけでなく複数の添加物を摂取している(複合摂取)している可能性が高いのです。厚生労働省での無毒性量は、あくまで食品単品での実験結果であり、複数の添加物が合わさった時の人体への害については実は未知数。つまり、どのような害があるかがはっきりしないという恐ろしさがあります。実際、食品添加物の中には、発がん性や発がん性疑い、催奇形性が認められた添加物もあり、さらに、障害をもたらす可能性のある添加物や、毒性を強く持つ添加物も存在します。


ドクターローズの酵素サプリの特徴



次に、弊社が自社開発したドクターローズの酵素サプリの特徴についてご説明します。先ほどご紹介した一般的な酵素サプリの特徴を踏まえた上でご覧ください。


糖類添加していない


ドクターローズの酵素サプリは、糖類添加をしていない「完全無添加」のサプリメントです。完全無添加へのこだわりを徹底するため、糖類添加を行わないことを前提に「飲みやすくするにはどうすれば良いか?」と試行錯誤を重ね、ついに糖類添加なしでも飲みやすい酵素サプリメントの開発に成功したのです。もちろん、キャリーオーバー*も存在しません。ぜひドクターローズの原材料をご覧いただきたいです。


■ドクターローズの原材料■

有機明日葉末(国内製造)

有機発酵エキス末

(有機黒糖、有機にんじん、有機キャベツ、有機大根、有機春菊、有機レタス、有機ズッキーニ、有機きゅうり、有機ごぼう、有機しょうが、有機ねぎ、有機玉ねぎ、有機みかん、有機伊予かん、有機ゆず、有機すだち、有機小松菜、有機チンゲン菜、有機水菜、有機かぼちゃ、有機トマト、有機なす、有機レモン、有機はっさく、有機甘夏、有機ブルーベリー、有機セロリ、有機ピーマン、有機にら、有機ほうれん草、有機生しいたけ、有機にんにく、有機パセリ)、

有機アガベイヌリン、有機大麦若葉粉末


※キャリーオーバーとは?

原材料中に含まれているものの、人体への影響や効果が出ないため、景品表示法に基づく食品表示基準によって表示を免除される添加物のこと


糖類を添加することで、酵素サプリメントが飲みやすくなるというメリットがあるのは確かです。味が美味しい方が負担も少ないですよね。しかし、健康をサポートするために飲んでいるサプリメントのせいで糖の過剰摂取が起きてしまうようでは本末転倒です。ドクターローズでは、その場凌ぎの美味しさよりも、長く継続して飲み続けても体に安全であることを大切に考えています。


タブレットにするための添加物も一切不使用

一般的に、タブレット状のサプリメントで添加物を使用しないことはとても難しいのです。タブレット状に固めるため賦形剤や凝固剤といった添加物を使用するのが通常だからです。しかし、ドクターローズの酵素サプリは完全無添加に徹底的にこだわりを持つため、どうにか添加物を一切使用せずにタブレット状にできないかと考えました。結果、デキストリンや微粒二酸化ケイ素、結晶セルロースといった添加物を一切使用することなくタブレット状にすることができました。


飲みやすさへのこだわり

酵素サプリメントと言えば酵素ドリンクや酵素ペーストが主流の中、ドクターローズの酵素サプリはあえてタブレットという選択肢を選びました。


理由としては、現在のライフスタイルに合わせた形で日々の美容と健康を気軽にサポートできる存在を目指したかったからです。ドリンクやペーストにしてしまうと、味が好みでなければ続きませんし、外出時に持ち運ぶハードルがとても高いと判断しました。そういった経緯があり、なんとか添加物を使わずにタブレットとしての商品化に辿り着きました。タブレットにしたことで、1日たった2〜3粒で、味や飲み方にストレスを感じることなく補酵素として補っていただけます。また、どんな方でも飲みやすいよう小粒にもこだわっています。


原材料へのこだわり

ドクターローズの酵素サプリは多種類の原材料を使用して酵素を抽出していますが、使用している酵素は日本初の有機JAS認証を取得しています。発酵食品では難しいと言われている有機JAS認証の狭き門を突破した、自慢の酵素サプリメントです。


【有機JAS認証】

●堆肥等で土作りを行うこと

●化学合成肥料及び農薬の不使用を基本として栽培すること

●遺伝子組換え技術は使用禁止


有機JAS認証マークを許された農作物は、日本全体でも1%以下。とても厳しい基準だということがわかります。


さらに、原材料として選んだ野菜や果物は、1980年代にアメリカの国立がん研究所で発表されたデザイナーズフーズプログラムに基づきます。主にアブラナ科の野菜をはじめ、セリ科やナス科、柑橘類の農産物を使用し、重要性の高いピラミッドに沿って配合しています。


丁寧で安全な生産工程 

ドクターローズの酵素サプリメントは、2年間の長期発酵の末に完成します。そして、有機JAS認定工場で安心・安全の管理下で生産されています。しかも、製造工場だけでなく、生産者や充填工場の全てで有機JAS認証を取得しています。


生産環境へのこだわり


ドクターローズの酵素サプリは、山に囲まれた比叡山の麓の発酵工場でクラシックを聞かせながら、週に2~3回手作業で丁寧にかきまぜて発酵熟成させています。


「クラシックを聞かせながら?」と驚かれる方もいると思いますが、科学的にも良い効果が実証されている「音楽熟成」と呼ばれる製法があるのです。この製法は、ドクターローズの酵素サプリだけでなくワインや焼酎といった発酵熟成を要する食品生成で広く活用されています。音楽熟成によって発酵に欠かせない酵母が活性化し、クラシック音楽を聞かせない製法と比べて発酵熟成が早まるのです。


そもそも、音楽とは空気の振動です。音楽を聞かせることで成分が振動することで、より成分が混ざりやすいという理由があります。音楽熟成の効果を実証した実例を2つご紹介します。


1960年代、アメリカの植物学者で農業研究家でもあるジョージ・E・スミスは、とうもろこしと大豆を2つのグループに分け、片方はそのまま、もう片方にはスピーカーからクラシック音楽を24時間絶え間なく流しながら育てるという実験を行いました。実験の末、クラシック音楽を聞かせたグループの方が、発芽するのが早く、茎が太く、濃い緑になったのです。


同じく1960年代にリタラック夫人がある実験を行いました。リタラック夫人は、とうもろこし・かぼちゃ・ペチュニア・百日草・キンセンカを2つのグループに分け、クラシック音楽とロック音楽をかけながら育てることで成長に違いが出るのか?という面白い実験です。


結果、クラシック音楽とハードなロック音楽をそれぞれ聞かせた植物では大きな違いがあることがわかりました。ロック音楽を聞かせた植物の成長が著しく悪く、反対に、クラシック音楽を聞かせた植物は健康で元気良く育ったのです。その他にも、ロック音楽を聞かせた植物はクラシック音楽を聞かせた植物に比べて2倍の水分を消費し、植物の根の長さもロック音楽を聞かせた植物の方がクラシック音楽を聞かせた方に比べて4分の1程度と発育が悪いことが判明したのです。


音楽の振動を利用して発酵を進ませる製法は、実は発酵食品だけでなく幅広く熟成にまつわる分野で応用されているのです。


SDGsへの取り組み


私たちは有機生産者を応援したいという強い想いもを持っています。ドクターローズの酵素サプリに使用されている有機農産物は正品だけでなく規格外農産物(大きさや形がまばらで市場流通にのらない農産物)も多く含みます。規格外農産物を使用することで食品ロスを減らし、持続可能な世の中をつくる(SDGs)の手助けになっています。


まとめ



ドクターローズの酵素サプリは上記のような特徴の他にも、


●酵素を殺さない非加熱製法

●1日113円でという続けやすい価格


という他の酵素サプリとの違いがあります。


「頑張ってスキンケアしているのに肌の調子が悪い」「病気ではないのに不調に思う」「好き嫌いが激しく栄養不足が不安」「サプリメントを飲みたいけど添加物が気になる」という方に、ぜひ試していただきたいです。


有機酵素サプリメント「ドクターローズ・オーガニックエンザイムサプリメント」は、オンラインショップとエトスの店頭にて販売しております。ぜひのぞいてみてくださいね。



ネットで購入する>

https://ethos-cradle.com/products/detail/108