有害金属

有害金属

こんにちは😀

 

ETHOSでは旬の野菜や果物を使用したデトックスウォーターを日替わりで2種類ご用意しております。見た目もカラフルでキレイですし、野菜や果物の効果は、がん予防が期待される緑の野菜、目の健康に効果的な黄色の野菜など、ざっくりとですが色で判断できます。目でも楽しみながら身体にも嬉しいデトックスウォーター😋飲食のお客様だけでなく、お買い物のみのお客様もご利用いただけますので、お気軽にお声がけください♪

 

デトックスとは体内に溜まった毒素を排出させることで、「解毒」の意味を持ちます。幅広い分野で見ると薬物中毒やアルコール中毒による医学的な治療の事も「解毒」ですし、日々の生活の中で、体内で蓄積された老廃物や有毒物を排出する健康法も「解毒」になります。

 

今回は後者の日々の生活の中で体内に蓄積される有毒物についてお話を♪

 

このブログを読んでくださっている方やETHOSをご利用されている方の中には、食が身体に及ぼす影響を意識され、食生活を見直されている方も少なくないと思います。

取り入れるものを意識しているから有毒物なんて関係ないわ!と、お話される方もおられるのですが、残念ながら有毒物が体内に入ってしまう事をゼロにするのは不可能なのです・・・💥💥

 

日々の生活で知らず知らずのうちに取り入れてしまっている有毒物の中に「有害金属」と言われるものがあり「有害ミネラル」とも言われます。

 

代表的な有害金属として、水銀・鉛・ヒ素など。

パッと聞くだけでも身体に良くないものだと分かりますよね・・・😨

この様な有害金属は私たちの周りに多くあるため、簡単に体内に入ってきてしまいます。

そして一度入ってくると体内の脂肪の中に溶け込み、なかなか出ていってくれないという、とても厄介者です。

有害金属は消化酵素を邪魔したり、胃酸分泌を低下し腸内環境を悪化させたり、ホルモンの作用を邪魔することで体調不良の原因となります。

 

病気ではないけれど、なんだか体調が優れない・・・

頭がスッキリしない、頭の回転が鈍くなる・・

なかなか疲れが取れない・・・

他にもアレルギーや免疫力の低下、イライラしやすくなったなど何かしらの不調を抱えている場合、有害金属の存在を意識してみてください。

 

では、なぜこのような有害金属が体内に侵入してくるのでしょう?

 

代表的なものとして名前を挙げました水銀・鉛・ヒ素の発生源を理解しておきましょう!

 

水銀の発生源として代表的な物として「アマルガム」「魚」「ワクチン」これらが3大発生源になります。

アマルガムは歯の詰め物として使用され、俗に言う「銀歯」の事です。

アマルガムの中の水銀は、唾液や食べ物で3年以内に溶け始め、メチル水銀に変換されると、脳神経に入って強い毒性をもちます。そして、アマルガムが歯にあるとわかっても注意してとらないと、逆に多くの水銀に暴露されてしまうことになるので要注意です。

 

魚はマグロなどの大型魚に多く含まれます。

この原因は以前ブログで書かせていただいた、水質汚染による「生物濃縮」が原因です。

 

あとは、ワクチンです。

防腐剤として入っているチメロサールは、エチル水銀で、血液脳関門を通過して脳にとどまり、自閉症との関係が疑われています。

エチル水銀は「毒物及び劇物取締法」での毒物に指定されていますが、ワクチンに使用されると規制がはずされます。

 

次に神経毒と言われる鉛の発生源について。

ごみ焼却場の近隣土壌汚染が問題となっています。日本では土壌に含まれる有害金属の基準がないそうです。鉛白を使った絵の具にも多いです。

最大の問題は、飲水です。

古い水道管には鉛が使用されています。次々とステンレスの新しいものに取り替えられているのですが、家庭へ引き込むところからは自己責任。つまり、自分でお金を出して古い水道管を交換しないと、微量の鉛をずっと体内に入れることになってしまうわけです😢

ミネラルウォーターも水質管理の義務がないので安全とは言い切れず、家庭用浄水器も機能はまちまち・・と言われています。そのため、逆浸透膜浄水装置(ROS)を勧めている専門家の方もおられます。

 

最後にヒ素の発生源。

猛毒とも知られ、古くから毒殺に用いられてきたヒ素は自然界に存在し、鉱物や火山の中に多く、海底火山にも含まれています。

そのため海底に生息するひじきや海藻類にヒ素が含まれている事が多いです。

 

この他にも、日本の4大公害病として知られるイタイイタイ病の原因物質「カドミウム」はもともと土壌に含まれている為、米に含まれています。調理器具から溶け出す「アルミニウム」や排気ガスなどの大気汚染によって空気中に含まれる有害金属は呼吸で体内に入ってきます☠

 

この様にいくら気をつけても、日常生活の中で有害金属を完全にシャットアウトすることは不可能なのです💦

特に魚や海藻類はミネラルやビタミン、必須脂肪酸(オメガ3DHA)など体に必要な栄養素を豊富に含んでいますし、米は日本人の主食であり重要なエネルギー源なので、完全に避ける事は難しいです。

 

そこで必要になるのが「解毒」つまりデトックスなのです✨✨

 

体内の有害金属のうち、9割以上は便や尿の中に排出されます。その次が汗。したがって、基本は正しい食事と運動で、体が本来持っている解毒能力を目覚めさせること🙌

昔の人は解毒作用の強い野菜を良く食べ、機械に頼らない生活で自然と運動量も増える事で汗をかき、自然と解毒が行われていました。

しかし現代人は食生活の乱れや運動不足により解毒力が落ちているのです。

 

解毒能力を目覚めさす為に意識してほしい事として

●肝臓をいたわる。

肝臓は解毒における最重要な臓器なので、添加物多めの食事は肝臓に負担をかけることになるので減らしていくことが大切です。

●腸内環境を整える

体内に入っている毒は便から出ていくことになるので、便通を良くしておくことが大事です。

●水分をしっかりとる

肝臓から排出された有害物質が再吸収されてしまっては元も子もありません。残りの毒は、尿・汗から排泄されるため水分補給が大事になります。

●汗をかく

皮膚からの解毒のために汗をかくこともよくて、エプソムソルトも解毒にいいです。

●デトックス効果のある食べ物をとる

食物繊維を多く含む野菜や海藻類、不溶性食物繊維を多く含むキノコ類やアーモンド等。発酵食品やオリゴ糖を多く含む玉ねぎ、にんにく、ブロッコリーやカリウムを多く含むバナナやメロンなどがデトックスに効果的です。そして、有害金属と一緒に働くと遺伝子を傷つけてしまう活性酸素の抑制も大切です。そのためには、フィトケミカルなども一緒にとりましょう。

 

もちろん生活習慣を見直すことで、体内に入り込む有害金属の量を減らすことは可能です。

しかし、いくら気を付けていても体内に入り込んでくる、厄介者の有害金属💦

その為、体に入ってきた有害金属を積極的に排出できる体づくりが大切です。デトックス成分を積極的に摂り入れて、毒素をスッキリ排出できる解毒力を身につけましょう😊

 

 

 

自分で選択が出来る知識と情報を!

ETHOS店長のブログ♪

 

次回のテーマは「畜産環境問題」