「ヨガ×酵素でどんな効果が期待できる?飲むタイミングについても解説」

こんにちは。
兵庫県・東加古川のorganic cafe & market
「ETHOS(エトス)」です。

酵素を積極的にとっているヨギーやヨギーニが多いですよね。それもそのはず。ヨガと酵素はとても相性が良いのです。ヨガと結びつきの強いアーユルヴェーダでも酵素は重要なものと捉えられているため、ヨガと酵素はセットで考える人も多いのではないでしょうか。

今回は、ヨガと酵素を組み合わせることで期待できる効果や、酵素を飲むタイミングについて解説します。これから酵素を取り入れたい人はぜひ参考にしてみてください。

「ヨガ×酵素」で期待できる効果は幅広い!



酵素には、食べ物の消化・吸収・代謝を促す役割を持ちます。体内で起こる化学変化は酵素をきっかけにスタートするため、酵素が不足することでさまざまな体調不良の原因となります。

酵素は1つの種類につき1つの役割した持たないためさまざまな種類の酵素を取り入れるのが望ましいと言われています。

また、体内で生成される酵素の量には限りがあることや年齢を重ねることで作られる量も少なくなっていきますので、積極的に食べ物で取り入れていきたいですね。

酵素が関わる体の機能とヨガで改善が期待できる体の機能は共通点があるため、ヨガと酵素の組み合わせは幅広い相乗効果が期待できるのです。ヨガと酵素の組み合わせで期待できる効果は次のようなものが挙げられます。

ヨガ×酵素で肌ツヤアップに期待

酵素は食べたものをエネルギーに変える働きを持つため、ヨガをした後に酵素をとることで代謝アップが期待できます。代謝がアップすると新陳代謝が良くなり、肌のターンオーバーサイクルを整い、肌荒れやニキビなどの肌トラブルの改善につながるのです。

肌荒れ改善に効果が期待できるヨガポーズは魚のポーズ。首にある甲状腺を刺激することで甲状腺ホルモンが活性化されます。

ヨガ×酵素で血流改善に期待

血液中の糖質や脂質が増えると血液がドロドロになり、この状態を放置していると動脈硬化の原因になったり、血管の詰まりの原因となります。血流をサラサラにするために効果的と言われているのが酵素で、酵素には血栓を溶かす効果があります。ヨガと酵素の組み合わせは、血流改善に打って付けです。

血流改善が期待できるヨガのポーズはキャットアンドカウやダウンドッグ、プランク、コブラのポーズです。

ヨガ×酵素でダイエットに期待

酵素によって消化・吸収・代謝といった体内の機能がスムーズになると、エネルギーの消費もよくなります。ヨガによって空腹状態となっている体はエネルギーを補給するために脂肪から生成するように働くため、長い目で見るとダイエットにも効果が期待できると言えるでしょう。
ダイエットが期待できるヨガポーズは、ねじった椅子のポーズや英雄のポーズ2、プランクなどのいわゆる燃焼系ポーズです。

ヨガ×酵素で太りにくい体作りに期待

ヨガと酵素の組み合わせを継続することで、基礎代謝の良い体質を目指せます。基礎代謝とは、私たちが生活する上で消費されるエネルギーのことで、そもそもの基礎代謝が上がれば太りにくくなるのです。

基礎代謝をあげるポーズは、イーグルのポーズやサイドアングル、ねじったサイドアングルです。

ヨガ×酵素で便秘改善に期待

酵素は腸内環境を良くする効果も期待できるため、便秘改善にも期待ができます。便秘は生活の質が低下するだけでなく、最近では快便の人は便秘している人よりも長生きするという研究も発表されています。

便秘解消には、腹部の血行を改善する三日月のポーズや胎児のポーズがオススメです。

ヨガ×酵素で免疫力アップに期待

人間の免疫細胞の約70%は腸内に存在します。つまり、腸内環境の改善は免疫力アップも期待ができるのです。

免疫力アップに効果が期待できるヨガポーズは、キャットアンドカウやかんぬきのポーズ、半分のラクダのポーズ、チャイルドポーズです。

ヨガ×酵素で睡眠の質改善に期待

腸内環境が改善されると、自律神経の乱れが整うと言われています。自律神経とはエネルギッシュな状態をつかさどる交感神経と、リラックスな状態をつかさどる副交感神経のことで、このバランスが崩れると夜になっても上手に寝付けない状態になってしまうのです。

ぐっすり快眠するためにオススメのヨガポーズは、魚のポーズや赤ちゃんのポーズ、ガス抜きのポーズ、ワニのポーズ、シャバーサナです。

酵素を飲むタイミングはヨガ後1〜2時間

酵素を飲むタイミングは、ヨガのあとがベストです。

ヨガは内臓がよく動くため食べ物の消化が終わらないうちに行うことで気分が悪くなってしまうという身体的な理由や、空腹状態の方が瞑想がはかどるといった精神的な理由があるため、ヨガの前はできるだけ飲食を控えた方が良いからです。酵素もそうですが、ヨガをする際は無理のない範囲で固形物を口にしないことをオススメします。

砂漠に水をかけると良く染み込んでいくのと同じで、何も食べ物が入っていない状態で食事をすると栄養の吸収率がアップします。ヨガで空腹になったタイミングで何を体内に入れるかは、とても重要なのです。ヨガをした後、1〜2時間で飲むようにしましょう。

酵素の種類は問いませんが、酵素は細胞が破壊されてはじめて活性化されることや、余分や糖分や塩分を加えていない糖類添加・塩分添加なしの酵素ドリンクがオススメです。野菜や果物の糖類が気になる人は、酵素サプリメント+水でも問題ありません。

酵素はファスティング期間中の水分補給・栄養補給にもピッタリです。手元にあるとヨガライフが充実しますね。

ヨガと相性の良い酵素アイテム



【 MOEGI酵素ドリンク(いちご)】
世界初、JASが認証した100%オーガニック濃密酵素ドリンク。
有機イチゴをメインに33種類の新鮮な野菜とフルーツを皮ごと手間ひまかけて発酵熟成しております。
一日の目安15ml(33日間分)




【ORGANIC ENZYME SUPPLEMENT】
自社オリジナルの、日本で唯一の有機素材100%オーガニックエンザイムサプリメント。
日本全国から集めた有機JAS認証の有機野菜や有機果物から抽出したエキスを発酵させ錠剤化した“日本初”有機JAS認証非加熱の酵素サプリメントです。




【有機酵素ペースト】
プルーンの甘みで食べやすい有機酵素ペーストは、ファスティング中の栄養補給にピッタリ。
市場流通にはのらない規格外の農産物も使用することで、有機生産者の応援、食品ロス低減に繋がります。



organic cafe & market「ETHOS(エトス)」では、ヨガイベントも開催しています♪
お近くにお住まいの人はぜひお越しくださいね。