酵素玄米でヨガの効果を底上げ!嬉しいメリットや食べ方は?

こんにちは。
兵庫県・東加古川のorganic cafe & market
「ETHOS(エトス)」です。
「ヨガをしている人って酵素玄米を食べてることが多いけどなぜ?」
「酵素玄米ってどんなメリットがあるの?」
「ヨガの前と後、どちらに酵素玄米を食べたら良いの?」
酵素玄米とヨガは相性抜群の組み合わせです。酵素玄米を取り入れているヨガトレーナー、ヨギは多いですよね。
そこで今回は、『酵素玄米とヨガ』の相性が良い理由や、期待できる効果、食べるタイミングと注意点について解説していきます。これから酵素玄米を始めてみたい人は、ぜひお役立てください。

酵素玄米が持つ4つの特徴を紹介


酵素玄米が持つ4つの特徴をご紹介します。

特徴①免疫力アップが期待できる

酵素玄米には、食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維といえば、腸内の環境を整える効果が期待でき、整った腸内は免疫力の向上にも繋がるのです。
身体の中にある免疫細胞は、60%が腸内に存在します。これらの免疫細胞が正常に働くために理想な腸内は、悪玉菌より善玉菌の割合が多いこと。善玉菌の割合が多い状態を保つには、食物繊維が欠かせません。

特徴②便秘解消が期待できる

酵素玄米に含まれる食物繊維は、免疫力の向上が期待できるだけでなく、便秘の解消にも影響します。これまで2〜3日に1度だったお通じが毎日来るようになるなどの変化が見られる人もいます。便秘が解消されると、ニキビや吹き出物ができにくくなったり、肌荒れが落ち着くといった嬉しい効果も期待できます。

特徴③基礎代謝アップが期待できる

基礎代謝とは、私たちが生きるために消費されるエネルギーのことです。車だとエネルギーの消費が少なければ少ない方が良いですが、人間は使用するエネルギーが多い方が良く、わずかな運動でもエネルギーを消費しやすい体になったり、細胞の入れ替わりなどを行う新陳代謝がアップしたり、冷えを防止できたりといったことがあげられます。
酵素玄米には代謝を促すビタミンB1が豊富に含まれており、これは白米に比べると5倍となります。

特徴④満腹感アップで暴飲暴食予防が期待できる

酵素玄米は白米に比べて固めです。これまで飲み込むように食事をしていた人は、酵素玄米に変えるだけで咀嚼回数が増えるでしょう。よく噛むことで満腹中枢が刺激され、適正な食事量で満足することができますし、食事のスピードも遅くなることから、ゆったりとしたペースで消化吸収が進み、血糖値の急激な上昇の予防となります。

酵素玄米とヨガの相性は抜群!3つの理由


次に、酵素玄米とヨガの相性が抜群な理由についてご紹介していきます。

理由①心と身体を整えるという共通点

ヨガの目的は、「心」「身体」「魂」がつながることで、緊張感をほぐし、安定と安らぎを得ることにあります。日本ではライフスタイルやストレッチの一つとして親しまれていますが、本来はストレッチをする時間だけでなく、生き方そのものであり、「食べること」も大切な要素なのです。
酵素玄米の酵素は、生きることを支える役割を持ちます。食べたものを消化・吸収し、新しい細胞を作り、呼吸をし、内臓を働かせ、身体を動かすエネルギーを作り、悪い菌に対抗する。これらは全て酵素がなければできません。
ヨガも酵素玄米も、心と身体を整えるという共通点を持つのです。

理由②「菜食主義」というヨガの理念にマッチ

ヨガは修行法の一つとしてインドで生まれましたが、ヨガの教えである「八支則」の中に「非暴力・不殺生」という禁戒(ヤマ)があります。ヨギ(ヨガをする人)に菜食主義者が多い理由の一つです。酵素玄米は、ヨガの菜食主義という教えに基づいた食事だと言えるのです。
なお、現代では完璧な菜食主義生活が大変難しく、また生活に支障を来す食事制限は好ましくないことから、動物をいただくこともあります。その時は、無駄にすることなく、必要最低限をいただくというメンタル面が重要となります。

理由③酵素玄米はヨガ前後に必要な栄養素をカバー

酵素玄米は、筋肉の元となるタンパク質や体のあらゆる機能をサポートするビタミン、ミネラルを豊富に含んでいます。また、玄米は身体を温める食材でもあります。
ヨガは空腹時に行うことがベストですので、その前後にいただく食事は吸収率が高まります。すなわち、身体作りに直結するといっても過言ではないのです。身体への負担が少なく、少量で栄養をたっぷりとることができる酵素玄米は、ヨガ前後の食事に最適と言えるでしょう。

ヨガ前後で酵素玄米を食べるタイミングと注意点


最後に、ヨガの前と後で酵素玄米を食べるベストなタイミングと注意点についてご紹介します。

ヨガの前に酵素玄米を食べるなら

ヨガの開始直前に食事をとることは避けましょう。ヨガの種類にもよりますが、お腹をひねったり、逆立ちになるポーズもあるため、シンプルに身体への負担が大きいのです。ヨガの前に酵素玄米をいただくのであれば、2〜3時間前を目安に終わらせておきましょう。
また、食事する量が多ければ多いほど消化・吸収にも時間がかかります。食事からヨガ開始までにまとまった時間を確保できない時は、酵素玄米で握った少量のおにぎりを食べるなど、量のコントロールが重要となります。ヨガは空腹状態である方が瞑想に入りやすく、身体も柔軟に動かせますので、ヨガを行う日は1日のタイムスケジュールに気をつけましょう。

ヨガの後に酵素玄米を食べるなら

ヨガの後に酵素玄米を食べる時もしばらく時間を置いてからにしましょう。ヨガを行ったあとは血の巡りが良くなっており、代謝が良い状態になっています。この時に食事をしてしまうと、どんどん身体に取り込もうと働くため、消化されなかったエネルギーが脂肪として蓄積されやすくなっています。さらに、運動直後に食事をすると胃もたれの原因にもなります。できれば2時間は時間をおきたいものです。
ただし、水分補給はOK!空腹感を紛らわすこともできます。酵素玄米を食べられない時は、このタイミングで酵素サプリを水で補うのもオススメです。また、筋肉による身体作りを強化している人はヨガが終わってから45分以内を目安にプロテインを飲むと良いでしょう。
エトスが自社開発したオーガニックエンザイムサプリメントは有機栽培された野菜・果物のみで丁寧に作った酵素サプリです。エトスでは定期的にヨガのレッスンも開催していますが、利用者さまにもご好評いただいています。エトスの店頭、またはオンラインストアでもご購入いただけますので、ぜひヨガのお共にお連れくださいね。


【まとめ】ヨガと酵素玄米は相性抜群!

ヨガと酵素玄米は、機能的にも精神的にも共通することが多く、身体を引き締めたい・太りにくい身体を作りたい・健康な身体をキープしたいという願いにマッチする組み合わせだと言えます。
酵素玄米は冷めてもモチモチとした美味しさがあります。小さく握ったおにぎりをいくつか持っておけば、小腹を満たすのにも最適ですよ。ヨガトレーナーさんのレッスン合間にもピッタリです。